妊娠・出産・子育てblog 〜人生いつも初めてばっかりだわブログ〜

妊娠・出産・子育てを通して感じた個人のブログですので娯楽として楽しんでくださいませ♪

*

出産!長い陣痛〜その2〜

      2015/11/15

aragyo

荒行の様な夜が過ぎ

そしてやっと迎えた翌朝。。

スポンサーリンク

胃酸が喉まで上がってきて
気分が悪いので、食事もままならない。

デザートに出た少しのフルーツと水を少しずつ飲む。

産院の食事とか病院食って昔?はあまり美味しくなかった?んだろうけど?
今はとっても豪華!!!

出産前の御飯はステーキやハンバーグ!デザートと至れり尽くせり!

なのに、食べられる状態じゃない。。
でも、全部返すのも勿体なくて
気分が悪いのに貧乏性でハンバーグを一口食べてみる。

とっても美味しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

陣痛さえなければ、美味しく食べられたのに。。残念でならない。。涙

意識も朦朧とする辛い中なのに、病院も企業努力してるんだなーとボンヤリ思う。

入院してから、赤ちゃんの心拍数、陣痛の頻度と大きさを計る装置をお腹に付けるんだけど
トイレの度、看護師さんを呼んでその装置を外してもらわないといけない。

元々よくトイレに行く私は
何度も看護師さんを呼ぶのも申し訳ないので
トイレも極力我慢する。

そして我慢出来ずにトイレに行くと、ささやかではあるけれど
立つ事が気分転換にもなり幸せな気持ちになる。。。涙

しかし、それもつかの間
立つ刺激からか必ずトイレで陣痛はやってくる。

けれどトイレの便座は座り心地が良いので
腰痛は少し緩和される。
このままずっと便座に座っていたらどんなに楽か。。と思う。

そして、そのトイレ向いには
新生児室があって、生まれたばかりの赤ちゃんがガラス越しに見える。

小さくて、とても可愛い。

もうすぐ私も赤ちゃんに会えるのか。。

もうすぐ。。???

朝9時の検診でまだまだ子宮口が開いてないと言われる。

6時間で1cmの進み具合という脅威的な遅さらしい

陣痛は強くなるばかりなのに進行か遅く
精神的に辛い。。。

陣痛の痛みは、時折我慢出来ずに
声をだしてうめいてしまう程に痛くなっていた。

ひたすらあぐらを組んで骨盤を立てて座り
陣痛に合わせて息を深くはいてリラックス。

昼になる頃には不眠と
五分間隔で来る陣痛の痛さの辛さに
涙も出ないまま泣けてくる。。

ゴールが全く見えず

今夜生まれるかもあやしい進行状況。。。

陣痛がはじまって既に22時間。

五分間隔の陣痛と不眠との戦いの22時間。。

精神的にピークをむかえようとしている。。

昼の1時半位に先生が病室に様子を伺いに来た

先生:「一向に進まないから、人工的に破水させてもいいよ」

私:「人工的に破水!?そんな手段があるんですか!?」

先生:「でも、破水させて赤ちゃんより先にへその緒が出てしまったりすると
緊急で帝王切開に切り替える危険もあります。」

先生曰く、赤ちゃんの向きも後ろ?を向いていないといけないのに
前を向いていてまだ羊水に浮かんだままらしい。

先生もなぜ降りて来ないのか分からないとの事。

人工的に破水を希望するなら
破水させた勢いで何とか赤ちゃんの向きを変えて
骨盤へ降りて来るようにやってみます。と説明があった。

精神的にもピークに達していた私は
藁にもすがる思いで、
先生に人工的に破水するのをお願いする事に決めた。

万が一の事があるので、電話でPちゃん(旦那)に
人工的な破水を受ける決意とリスクを言い
了解を得る。

母にも電話して、その報告をすると難色をしめしたが
決断した事を伝える。

母も言うように、ここまできて
万が一帝王切開になったら
今までの苦しみは無駄だったのか!?
とも思ったけれど

ゴールの見えない状況に限界で
私にはお願いするしか考えられなかった。

2時半頃、分娩室へ行き、先生が破水させる。
特に痛みも感じず、破水している実感がない。

そのまま30分分娩室で様子を見た後、病室へ戻った。

 - 出産 編 ,

楽天

  関連記事

出産!長い陣痛〜その1〜

陣痛に気づいたのは予定日を2日すぎた 17日深夜1時半から2時頃だった。 目がさ …

出産!長すぎる陣痛〜その4〜

ドラマ等でお馴染みの分娩台に横になると 陣痛がくる度、いきみたい時にいきんで待機 …

出産!長い陣痛〜その3〜

腰痛の辛さを話していた看護師さんが機転をきかせて 前向きでうつ伏せになれる椅子を …